そういえばそんなことも。

寒さが身に染みる季節になりました。

朝は特に寒くて、膝掛けを膝にかけて化粧をします。

先程、毎朝使っている膝掛けを見ました。

L'Arc〜en〜Ciel、2014年国立競技場のライブグッズです。

そういえば、わたしは2014.3に上京したんだったなと、思い出した。

あの頃は大好きで好きで好きな人が東京に行ってしまって、結局片思いのまま終わってしまったんだけど、悲しいのと悲しいのとでどん底だったなぁと。

ラルクのライブに行きたいから、3月の半ばに一人暮らしを始めて、確かに不安だったけど、楽しい、が勝ってたかなぁ。

もう2018年、四年も経ったんだと思いました。

早かったようで、遅くて、短いようで長かった気もします。

たくさんのことがありました。

人を好きになって、苦しんだ時もありました、最愛の人が死にました。

尊敬する先輩が流産しました。

17歳の高校生が妊娠をして、診断書を偽装して堕胎をしました。

その数ヶ月後、また妊娠をしました。

そしてまた堕胎をしました。

東京にいた2年半、たくさんのことがありました。

今でも悲しくて胸を裂かれそうになるし、でも楽しかったなと懐かしむことができます。

それは大人になったからなのか、わかりません。

けど悲しいと思います。

自分のことで感情を揺さぶられること、悩むことが今はないからです。

たしかに辛いことや苦しいことは経験したくありません。

それでも人として、生を受けた1つの生命体として、感情の起伏がないことが必ずしも良いことだとは思えないのです。

少しのストレスや少しのお酒があった方がうまく行くといいます。

少しの感情の起伏が人生の充実度に比例するのなら、わたしはもう少し自分から行動しなければならないと思います。

だから思います。

東京にいた頃の方が、人間味のある人間だったのかな、と。

過去も未来も、自分を大切にして愛してあげられるのは自分しかいないのだと思わなければ。

自分を大事にできているだろうかと毎年思う。

25年間一度たりとも自分を好きだと思ったことはありませんが。

来年はどんな年にしよう。

たくさんの人を愛せるような、心に余裕のある人になりたいな。

人に優しくしたい、人の幸せを一番に考えてあげたい。

誰かが悲しくてつらくて泣いてたら笑わせてあげたいし、半分こしたいなと思います。

毎年思うだけでできてませんけど。

思いやりや心遣いができればこの世は平和なのになぁと思うのです。

 

 

冬はいいなぁ。好きだ!

ロマンと少しの中二病

昔からポエミーなところがあって、よく言えば感受性が豊か。

2年に一回くらい自分の力では這い上がれないほどどん底に落ちるときがある。しかも結構長い間。

それが仕事のことなのか、プライベートなことなのか、自分自身の問題なのかはその時による。

でも、一貫して変わらないのはずーっと、ポエミー。

 

人の言葉に、ハッとするときがある。

 

この間、なるほどな、と思ったのがあった。

eタイピングという、知ってる人は知っているタイピング練習サイトで見かけた言葉だった。

 

夢は周囲の人に話すことが重要なんだそうだ、それは言った手前、裏切ることはしたくないという感情と、言ってしまったからには実現しないと!という気持ちが出てくるかららしい。

夢を叶えるためにどうしたらいいのか、具体的に考え始めるんだとさ。

 

確かに、誰にも言わなければ自分が諦めたところで、あぁ結局叶わなかったな、と残念に思うのは自分だけだよね。

夢を積極的に話す、って夢を叶えるための道でもあるけど、モチベーション上げて行く要素も含まれているなぁと思いました。

叶う叶わないは別として、夢を話せる友達は大切にしていきたいね。

いないけど。

 

わたしには少し夢とかロマンとかを大切にしている部分があって、そういう部分を好いてくれる人がいるらしいのだ。

 

全員巻き込んで幸せにしてやる!

 

とさえ思えてくる。

 

そして、しいたけ占いでは周囲の人をプロとして信用する、まっすぐ真摯に、ぶつかって、わたしはこうしたいから協力してほしいと、協力者を募ると良い、と書いてありました。

周囲の人を頼って、自分もプロだと思って、接してくださいだそうです。

 

なんだか今年は激動の年だったなとまだ9月ですが、そう思います。

 

衝撃的だったのです。

 

ベトナム勤務を断られて、経験がない、英語ができないという理由で。

 

悔しかった。

 

そんなちっぽけな理由で断られたのかと。

 

じゃあ、その経験をさせてくださいよ。

絶対後悔なんかさせません。

 

推進力には自信があります、止まる自信の方がありません。止まらないかもしれません。

 

まだまだいけます。

まだやるつもりです。

 

これから経験したことのないこと、たくさんやるし、あると思うけど、負けないよ!

 

過程だから!

 

今やるべきことは英語の勉強と任せられた仕事を遂行すること、改善点をほじくってたくさん膿を出すこと、IT業界の知識を詰め込むこと、一般常識や雑学を詰め込む!

 

これがわたしにできる、最大のことだ!!!!

 

 

がんばる!!!!

 

がんばれわたし!!!!

 

 

人生のバイブルが入れ替わった話

今まで人生のバイブルといえば、ハンターハンターコードギアスエウレカセブン鋼の錬金術師だった。

バナナフィッシュ?なんかすごく昔の漫画らしいけど、往年のオタクがバナナフィッシュのアニメ化にすごくざわついている。

何が魅力的なのか知らないけど、なんかやばいらしい。

そんな軽い気持ちで、いやいや今まで出会った漫画やアニメには負けるでしょ、と正直なめていた部分もあった。

確か20冊くらい漫画をレンタルしたときに、バナナフィッシュを読むのが億劫で、別に最後まで読まなくてもいいかなーなんて思いつつパラ見し始めたのがすべての始まりだった。

文庫サイズの漫画って珍しいな、昔の漫画だから思い切ってこんなサイズにしたんだろうなーとか。

すげーアニメイトにも在庫あったけど、正直あんなにおいて売れるのか?とすら思っていた。

まあ、読んでみるか、外国の話苦手なんだよなーつーかバナナフィッシュて。。。

って。

今はもう出会うくらいだったら読まなくてもよかったんじゃないかと、半分感謝と半分後悔が入り混じる。

アッシュの本名はアスラン・ジェイド・カーレンリース。

アスランは暁、夜明けを意味して、ジェイドは翡翠という意味だそうだ。

本当に夜明けが似合う美少年だったと思う。

珍しいグリーンアイズ。真っ白でそばかす一つない、きれいな肌をしている。

性別を告げられなかったら男の子だとは気づかないくらいに。

 

アッシュは本当にひどい生い立ちだった。

銃社会に生まれ、家庭も複雑、幼少期にレイプされ、数人を殺している。

そして人身売買の商品として出され、裏社会のボス、ディノに飼われてしまう。

そんな最低な日々の中で、日本人の奥村英二と出会う。

アッシュが英二と出会ったことは、運命だったのか今はもうわからない。

でも、確実なことは彼らが運命を超えて、惹かれあったこと、愛とか絆とか友情とかそのような言葉でくくられるような関係ではなかったこと。

お互いが必要とし、共に生きたいと、言葉を交わさずとも願っていたと思う。

アッシュにとって英二は陽だまりのような人でまぶしくて美しい人だったのではないかと思う。

ずっとそばにいてくれと、英二の膝の上で泣いたこと。

たわいもない会話でちょっと喧嘩してみたり。

かぼちゃが怖かったり。

英二といるときは、等身大のアスランだった。

ブランカも伊部さんも同じことを言っていた。英二といるときはこんなに笑顔なのに、普通の男の子なのに。張りつめた空気を察知すれば、アッシュとしての顔になってしまう。

でもそれは彼が悪いんじゃない。そうしなければならなかったからだ。

いつしか、英二が撃たれ、生死の境をさまよっていたころ。

アッシュは神様にお願いした。

どうか英二を連れて行かないでくれ、頼むから、俺を。

神様がいるのなら、なぜその願いをかなえたのだろうか。

野球チームの監督にレイプされ、殺したとき。

人身売買のお店に商品として出されたとき。

ディノに飼われたとき。

もっと、もっと神様がアッシュの願いをかなえてあげられる機会はあったはずなのに。

こんなにも苦しい人生を歩んだアッシュに数年間でも安らぎを与えてくれることはなかった。

でもきっと英二に出会えたその数か月でアッシュは一生分の幸福を手に入れたのだと思う。

俺は今幸福なんだ。そう、ブランカに言ったとき、もう戻れないところまで来てしまったのだと思った。

自分の命に代えてでも、英二を守りたいと。

アッシュが幸福だと思えばそれは間違いなく幸福ではあると思う。

でもともに生きてほしいとわたしも英二も思っていた。

見返りもなく、心配してくれて、あたたかい場所で待っていてくれた。

普通のことが、アッシュには普通じゃなかった。

英二は英二なりに、アッシュを気遣い、理解してくれていたのだと思う。

もうこんなことはやめて日本で一緒に暮らしてほしかった。

アッシュには人並みの 普通 を感じてほしかった。

雪山の頂上を目指していた豹は死に際に何を考え、思っていたのだろう。

今でも二人は私の中で生き続ける。

厳しい社会の中でも、二人は確かに存在して、一生懸命、生きていた。

大人たちの私利私欲のために、穢された体と心。

もう、そんなものにおびえなくていい。

でも、アッシュが苦しんでいた中にも英二という光を感じられていたのなら、もうそれだけでいい。

これで一生、アッシュは英二のもの。

英二はアッシュのものになった。

誰かに命を脅かされることも。

逃げて逃げて、おびえることも。

もうしなくていい。

一生、二人は魂でつながっている。

英二があの手紙につづったように。

最後のひと時まで、アッシュは英二のことを案じ、思っていた。

その事実があっただけでいい。

願わくば、天国で二人が再会できるよう。

そのくらいしか、私にはできない。

 

しばらくたったらまた大切に読み返したいと思う。

アッシュ・リンクスという人間の生き様を。

 

何もかも重なる時ってあるよね

たった?24年間だけど、生きてきて、悪いことは重なるし、うまくいかないときは何もかも、うまくいかないときってある。

 

わたしは前のチームにいて、居場所があると感じたことはなかった。

たしかに、みんな仲良しで、思うことはあってもそれが原因で仕事を辞める人ってほとんどいなかった。

わたしが入社してからも顔ぶれは変わっていないし、荒波立つこともないからそういう点では平和でいいチームだなって思う。

でも、扱ってる媒体が流行りのものではないこと、会社にとっても利益にはならず、仲良しこよしのためで。

それをみんなわかってる、そんな中で改善提案してください。って言われても、できない。

もう凝り固まったものをほぐすことなんてできないし、提案して通るのか?って思うよね。

何度も言われたよ、改善提案してください。って

もうそんなの先方の悪口しか出てこないね。

 

仕様変更とかどういう傾向にあるかっていう内部の情報はもちろん先方が多く持ってるけども、ノウハウに関してはうちの会社の方がスキルが上で、立場が逆転してないか?と思うことが数回あった。

 

それって、おかしいんじゃないんだろうか。

 

 

リーダーに相談したとき、上を目指すなら違うチームの方がいい。うちのチームには向いてない。ってハッキリ言われて、ハハハ…笑 って感じだった。

 

わかってはいたけど、それをリーダーが言っていいのか、でもそれを聞けて、安心した部分もあった。

 

気兼ねなく、異動できる。

 

でもわたしが異動することでサブのタスクが増えることはわかってた。

上に行ってくれるのは嬉しいけど、そんなんじゃ自分(サブ)が無理!って感じだったのかな。

 

わたしはもう未練なんてないし、完全にスッパリ切りたいけど、そうはさせてくれない

 

それってわたしのことなめてる?

 

ただ嫌になったから異動してるわけじゃなくて、未来のために、上に行くために異動してるの。

 

後輩が羽ばたくことを、いいことだと思ってるなら、協力してほしかったな。

 

最後まで相談もしなかったわたしが悪いけど。

意識の違いがこうも足を引っ張るとは。

この先どうなっていくかなんて

わたしも知らないしきっと神様も知らない。

 

自分の悪いところはたくさんわかるのに、直せなくて、もどかしい。

 

あ、またやってまった。の繰り返し。

 

日々反省だらけだなぁと思っております。

 

ここ最近、仕事のせいで気が立っている。こういうところもダメだなぁと思うんだけど…。

 

ここの会社だけじゃないって、思うのも大事だなぁ。

 

人様に誇れるような資格もないので、転職しても意味なしな感じはあるけど。

 

自分のしたいことが、きちんと決まって、きちんと進める段階になったら辞めますよ。

 

イムリミットがな〜。

 

悪い方向には考えないように、考えないように。

 

人生の中で今が一番穏やかかなぁ。

もやもやしてる感じは一番かもしれないけど。

 

お風呂で色々考えてて思ったけどわたし以上にめんどくさい女の人いるのかな?って思った。正直自分のこと自分でもよくわからないので、他の人にとったらすごくよくわからない人なんだと思う。

 

大変だね(は?)

 

悲しい気持ちはそっとしまいこんで。

明日からもどうにか、生きたい。

 

でも35くらいに死んじゃいそう。

それもまた人生かな〜って。

 

青春18きっぷのキャッチフレーズが心にズンと響いた。

いい言葉知ってるなぁ。

 

早く青春18きっぷで旅をしたい。

 

おやすみ。

 

 

人生一度きり

昔からよく聞くこの言葉を、今では納得できる。

昔は、というか今も同じかもしれないけど、カッコつけんなよ(笑)みたいに思っていたと思う。

 

でもやっぱり大人になればなるほど、命って有限なんだなって。

人生80年って長いようで、その中でも若いとされる時期ってとてつもなく短いって思った。

だったら嫌なことをして、過ごしたくないって思ったんだ。

わたしは何年生きるかわからないけど、仮に、もし、万が一、80年くらい生きて、振り返った時にあの時辛かったなーなんて思い出したくないよね。

わたしはそう思うんだ。

たしかに何もかもおろそかにしてただ遊ぶだけなのは良くないかもしれない。

人によるけど。

でもある程度やることやって、遊ぶのって最高じゃない?

もっとテキトーに生きていいのにな。

わたしはいつも思ってるよ。

辛いなら辞めていいと思うよ。

 

落ち着いた数日間

 

気づけば趣味に没頭していて、気づけば貯金が底をつき、気づけば大切な人が死んでいた。

 

わたしの人生って、気づけば○○ってことが多い気がする。

そう、漫画とかアニメの内容を覚えていないことも、現実世界でのあれこれを忘れているのも、今に始まったことじゃないんだと思いました。

忘れっぽくて(所持品の忘れ物とかはしない)、飽き性で、あと人の言葉が聞き取れない。

 

脳っていうのはパソコンより頭が良くて、記憶媒体だってたくさんあるし、普段生活していて脳の使用状況ってかなり少ないらしい。

 

最近物忘れがひどくて、わたしって人より記憶するのが苦手なのかな?って思うようになった。

 

あと、自分に期待するのをやめた。

 

今までは猪突猛進、なんでもできると思っていたし、評価されるべき人間だとも思っていた。

それは驕りではなく、今までの人生の中で、できないことが1つもなかったから。

教えられたら勉強はできるし、身体を動かすこともある程度はできる、歌は苦手だけど完全に音痴でもないし、うまいわけじゃない、悪いことはしないし先生にかわいがられるときもあった。

そういう経験からやればできると思っていたよ。

でも、やろうと思ってもできないなぁ、って思うことが増えて、要領悪いんだなぁと改めて実感した。

昔だったらムキになってたかもしれないけど、もうこれでいいかなって思えるようになった。

向上心がないといえばそれまでかもしれないけど、もう、いいんだよね。

 

日常的に、ふと、落ち着いて考え事するときに、わたしの記憶力はコップみたいだなぁと写真みたいに思い浮かぶときがある。

コップの容量から溢れ出た記憶は全て無に還るというか。

たぶん、人よりコップが小さいんだなって思う。

本当になにも覚えられないんだよね。

不思議なくらい。

 

覚えようとしなくても、CMの歌とか覚えるじゃない、昔のCMとか定番のヨドバシカメラの歌とかわかるけど、最近ってわからない。

 

記憶力がガクンと下がったのもここ二、三年な気がする。

 

老化といわれたらそれまでなんだけど…

 

覚えようとしてないからじゃない?って、言われたけど、別にそんな気もないんだよね。

 

記憶力って、どうやったらよくなるんだろうね。

 

 

あと、無気力になった気がする。

 

老化かも…

 

趣味に没頭していて、気づけばシリーズ。

 

あれ、もう25歳になる年なんだな、あれ、なにもしてないな。って

 

なんかオタクのあれこれとか人間関係とか、なにがあったわけじゃなく、ただ疲れたなって思った。

 

心が消耗。

 

わたしが東京に行きたくて苦しくて悲しんだのは、そういう原因もあったんだけど。

 

お金のこと心配して、仕事休めるかなーとか、連絡したり、夜中まで遊んだり、もう疲れたんだ。

 

確かに楽しかったし、それが生きるために必要だったから、呼吸できなかったから。

 

でも最初からそんなもの必要なかったんじゃないかとか

 

ちなみにわたしメンヘラじゃないから

考え事が人より多いだけだから

 

というわけで、疲れてしまって。

 

一度、走っていたのを歩く程度にして、たまに足元見て、考えたり、悩んだりしてみようかなって。

 

自分の人生と向き合うこと避けてたなぁ。

もう、いいんだ、諦めよう。

 

本当に心が消耗されていく。

誰にも原因はないのに、なんかモヤモヤ。

 

スッキリしないな〜

 

でも割と、みんな、こんな感じなのかも。

普通って難しいけど、これが普通なのかな。

 

一喜一憂するのも疲れる、どうしよう、こうしよう、ああしよう、自分のこと以外を考えるのも疲れる。

 

じゃあもう全部、やめてみようよ、って。

 

誰に言われたわけでなく、なんとなく、やめてみようって。

 

生涯で一番好きだったのは勝利くんだけだったな。不思議。

 

でもやめてみたらやめてみたで、モヤモヤ。

 

時間が経てばきっとなにかあるし、解決すると思って、気長に待ちたい。

 

服がたくさん欲しい、痩せたい。

 

何もかも、うまくいかないときは誰にでもあるよ。

 

しょうがないよ。

 

でもなぜか心は穏やか。

 

なににも怒らないし、悲しくないし、あぁそっか〜って納得できる。

 

勘違いされたものを正すのって難しいよね。

 

めんどくさいから放置してたらそうなっちゃったの。めんどくさいもんね。

 

早くどこかにいきたいな〜