落ち着いた数日間

 

気づけば趣味に没頭していて、気づけば貯金が底をつき、気づけば大切な人が死んでいた。

 

わたしの人生って、気づけば○○ってことが多い気がする。

そう、漫画とかアニメの内容を覚えていないことも、現実世界でのあれこれを忘れているのも、今に始まったことじゃないんだと思いました。

忘れっぽくて(所持品の忘れ物とかはしない)、飽き性で、あと人の言葉が聞き取れない。

 

脳っていうのはパソコンより頭が良くて、記憶媒体だってたくさんあるし、普段生活していて脳の使用状況ってかなり少ないらしい。

 

最近物忘れがひどくて、わたしって人より記憶するのが苦手なのかな?って思うようになった。

 

あと、自分に期待するのをやめた。

 

今までは猪突猛進、なんでもできると思っていたし、評価されるべき人間だとも思っていた。

それは驕りではなく、今までの人生の中で、できないことが1つもなかったから。

教えられたら勉強はできるし、身体を動かすこともある程度はできる、歌は苦手だけど完全に音痴でもないし、うまいわけじゃない、悪いことはしないし先生にかわいがられるときもあった。

そういう経験からやればできると思っていたよ。

でも、やろうと思ってもできないなぁ、って思うことが増えて、要領悪いんだなぁと改めて実感した。

昔だったらムキになってたかもしれないけど、もうこれでいいかなって思えるようになった。

向上心がないといえばそれまでかもしれないけど、もう、いいんだよね。

 

日常的に、ふと、落ち着いて考え事するときに、わたしの記憶力はコップみたいだなぁと写真みたいに思い浮かぶときがある。

コップの容量から溢れ出た記憶は全て無に還るというか。

たぶん、人よりコップが小さいんだなって思う。

本当になにも覚えられないんだよね。

不思議なくらい。

 

覚えようとしなくても、CMの歌とか覚えるじゃない、昔のCMとか定番のヨドバシカメラの歌とかわかるけど、最近ってわからない。

 

記憶力がガクンと下がったのもここ二、三年な気がする。

 

老化といわれたらそれまでなんだけど…

 

覚えようとしてないからじゃない?って、言われたけど、別にそんな気もないんだよね。

 

記憶力って、どうやったらよくなるんだろうね。

 

 

あと、無気力になった気がする。

 

老化かも…

 

趣味に没頭していて、気づけばシリーズ。

 

あれ、もう25歳になる年なんだな、あれ、なにもしてないな。って

 

なんかオタクのあれこれとか人間関係とか、なにがあったわけじゃなく、ただ疲れたなって思った。

 

心が消耗。

 

わたしが東京に行きたくて苦しくて悲しんだのは、そういう原因もあったんだけど。

 

お金のこと心配して、仕事休めるかなーとか、連絡したり、夜中まで遊んだり、もう疲れたんだ。

 

確かに楽しかったし、それが生きるために必要だったから、呼吸できなかったから。

 

でも最初からそんなもの必要なかったんじゃないかとか

 

ちなみにわたしメンヘラじゃないから

考え事が人より多いだけだから

 

というわけで、疲れてしまって。

 

一度、走っていたのを歩く程度にして、たまに足元見て、考えたり、悩んだりしてみようかなって。

 

自分の人生と向き合うこと避けてたなぁ。

もう、いいんだ、諦めよう。

 

本当に心が消耗されていく。

誰にも原因はないのに、なんかモヤモヤ。

 

スッキリしないな〜

 

でも割と、みんな、こんな感じなのかも。

普通って難しいけど、これが普通なのかな。

 

一喜一憂するのも疲れる、どうしよう、こうしよう、ああしよう、自分のこと以外を考えるのも疲れる。

 

じゃあもう全部、やめてみようよ、って。

 

誰に言われたわけでなく、なんとなく、やめてみようって。

 

生涯で一番好きだったのは勝利くんだけだったな。不思議。

 

でもやめてみたらやめてみたで、モヤモヤ。

 

時間が経てばきっとなにかあるし、解決すると思って、気長に待ちたい。

 

服がたくさん欲しい、痩せたい。

 

何もかも、うまくいかないときは誰にでもあるよ。

 

しょうがないよ。

 

でもなぜか心は穏やか。

 

なににも怒らないし、悲しくないし、あぁそっか〜って納得できる。

 

勘違いされたものを正すのって難しいよね。

 

めんどくさいから放置してたらそうなっちゃったの。めんどくさいもんね。

 

早くどこかにいきたいな〜